FC2ブログ
クリックしたらいいじゃない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「有給休暇希望届2」


 そもそも、このペリカンは私に勝てるつもりでいるのだろうか
自力で空を飛べる事は素直に評価するし、同じ恒温動物であるという
点においても、少しは親近感を持ってもよいとは思う。
しかしながら、ここで行く手を阻まれるいわれは無い。
私は哺乳類の代表として、この鳥類に完全なる勝利を治めなければならない
もちろん、私は知っている。大概の鳥類は人間よりも馬鹿である。
ましてや、生魚を丸呑みするような野蛮な生き物になど、遅れを取ろうはずもはずも無い
ちなみに、私は焼き魚を上手にむしることが出来る大人だ。

以上の客観的な事実に基づき私は確信していた、そして思わず呟いた
 「この鳥・・・泣かす。」

その時、私は、霊長類ならではの綿密な作戦を立て、すぐさま実行に移すことにした
まず、左側の壁に両手を突き、そして右側の壁に両足をあてて
空中に浮いたのである。四肢を壁に押し付けることで身体を支え
しかも少しづつでは有るが空中移動も可能な体勢をとったのだ。

(一番上の絵 参照)

この体勢のままジリジリと壁を上に登り
ころあいを見てペリカンの頭の上を通り過ぎて行くという戦法、
実にスマートかつエレガントな作戦である、
私は、この戦法を「海峡の狼」と名付けた。
この作戦の欠点は、お尻が痒くなった時掻けないという事位だ。

 私はそのままペリカンの上方まで進み、ニヤリと笑っていた
この下等生物めが、少しでも私に勝てると思ったか?イヤ思うまい
まあ、貴様も頑張った、この天才の私に対し善戦したほうだ
今回は相手が悪かったな、アディオスアミーゴ。

と、勝利宣言をしながらペリカンの立っている位置を通り過ぎようとした

その時、ペリカンのクチバシがグニャリと歪んだ、
よほど悔しかったのだろうが、私には逆に笑っているようにも見えた。
すでに勝利を確信していた私には、本当はペリカンが笑っていた事など
気付く芳もなかったのだ。

 ペリカンは、先刻からカタカタと鳴らしていたクチバシを閉じ、顔を上に向けた。
そして私の無防備な腹部を、その鋭利なクチバシで、突き上げてきたのである。
四肢を壁に押し付けていた私に、その攻撃を防ぐ術がある筈も無く
続けざまの三段突きにもんどりうって地面に叩きつけられた。

ペリカンは先程まで広げていた翼を満足げに軽く羽ばたかせながら閉じ
頭をグルグルと回しながら
 「コーー」
と鳴いた。

私は、薄れ行く意識の中で
 「何が敗因だ?」
と考えていた。




という夢を見ました。
今日は何をやっても勝てる気がしません。
休暇を希望いたします

㈲みなみ酒店 代表取締役 河北淳一
----------------------------------------------------


嫁「だめ。」

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

03 | 2019/04 | 05
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

みなみ酒店

Author:みなみ酒店
バカめ!暗いともっと元気になるぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。